本文へスキップ

4DFP研究会はデジタル3D造形・再現技術により,新しい価値を探索する研究会です.

コンファレンスCONFERENCE

Conference on 4D and Functional Fabrication 2019 (4DFF2019)

4DFP2018基調講演

4DFF2019開催概要
(Conference on 4D and Functional Fabrication 2019)


開催日:2019年10月10日(木) [発表数が多い場合は10/9も開催]
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス北館ホール(予定)
基調講演:未定
大会実行委員長:上田政人(日本大学)
大会副実行委員長 : 藤井雅彦(富士ゼロックス)

Scope:「これまでの3D造形・再現技術を超えていく新しい価値創造を目指した研究・開発
キーワード
・マテリアルデザイン
・ハードウェア(3Dプリンタ等)
・ソフトウェア(モデリング,シミュレーション等)
・制度・法律(著作権,個人情報,PL等)
・ビジネスモデル(サステナビリティ等)
・流通
・オプティマイゼーション
・表現・文化(アート,エンターテイメント等)
・生活(教育,衣食住,健康,インフラ等)
・QOL
・たのしさ,うれしさ,おもしろさ

Call for Paper (一般発表,ショーケース申し込み)

Abstractのみで発表申し込み(締め切り6/20)を行い,受理された場合は予稿(4ページ以内)を提出していただきます(締め切り8/25).
     

発表資格

4DFF研究会メンバー,あるいは日本画像学会個人会員であること.4DFFメンバーでない場合は,発表までに4DFF研究会に入会してください.

発表申し込み

一般発表(口頭)とショーケースの申し込みを受け付けます.
一般発表は15分のプレゼン(日本語)+5分のQ&A.ショーケースは3分のショートプレゼン(日本語,Q&A無し)と展示(説明).
 ・発表申し込み期限:2019年6月20日 17:00
 ・発表申し込み方法:発表概要(Abstract)のみで申し込み.申し込みはここから
  
発表概要から発表可否を判断し,遅くとも6月末には連絡いたします.
  発表可となった場合,予稿(A4で4ページ以内)を提出してください.

予稿提出

 ・提出期限:2019年8月27日 17:00
 ・提出方法:4月頃に掲載します.
 ・予稿見本(準備中)

参加申込み方法

参加費(仮):

・4DFF研究会メンバー:7,000円(予定)
・一般:15,000円 (予定)

参加申し込み:

・6月下旬以降に掲載します.

4DFP2018(2018年開催コンファレンス)

4DFP2018公式サイト